2006年07月13日

蛇との遭遇

image/akiyamakoubou-2006-07-13T15:10:35-1.JPG不快指数アップアップで溺れる。じっとしてれば汗は出ないが長袖着て調子に乗って下の料亭を過ぎて里の入口まで散歩に行った。銀花はとても従順に歩いた。片道1、5kmくらいの道程をほとんど引かなかった。こんな日もある、フェインターな銀花。銀花が引かなければ楽しい冒険だ。慣れてる道でも木の実を運ぶ小さな虫や見掛けない野草にも目が行く。道に落ちてる緑色の実はアケビと断定。丸いのは沢ぐるみか鬼ぐるみだ。銀花は両方とも食べた。マタタビに虫瘤ができている。あずきさんのお土産にしよう。行きは緩やかな下りだから帰りは登りになる。やっと杉並木の入口まで来た。マタタビをチェックしてたら足下で何か動いた。1mもあるでっかい蛇が私の手の平ほどもあるカエルを飲み込もうとしてる。ひ〜っ!!と思いつつも銀花にも見せた。銀花は異様な雰囲気は感じたらしいが慌てる素振りもなくそばに行こうとするのでぐいぐい引っ張って帰って来た。あ〜怖かった!人気blogランキングへ

posted by ミチル at 15:10| 🌁| Comment(7) | TrackBack(0) | 山道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする