2006年06月28日

マタタビの花

image/akiyamakoubou-2006-06-28T15:55:09-1.JPG脳みそはすでに干からびたのでまた外乗に出た。コーチャンにキケンだから柵内で乗れと言われたが出かける車に攻め寄って許可をもらう。私達は田舎に有り勝ちな男尊女卑的な隷属関係は一切ない。ではなぜ一々断るか?それは何かあった時言われ続けるからだ、鬼の首を100個取った如くに(笑)コーチャンを見送りそのままはみを持ってぼろ場に銀花を呼ぶ。おやまぁ、今日ははみを見ても逃げないしおとなしくつけさせる。外乗、気に入ったのかな。実は昨日の道はちょっと失敗だった。銀花が勢いよく走り出さない登り坂は帰りは下り坂になる(笑)で今日はいつものアスファルトの方へ行った。銀花も慣れてる道で昨日のようにためらいがない。足取り軽く道草も食わず杉林を抜けた。ここで引き返すつもりだったが銀花はもっと行きたい。私だって行きたい。だけどアスファルトと蹄、乗ロバ15分以内が気掛かり。杉林の先のマタタビの所まで行って戻った。白い花から爽やかな香りが漂っていた。人気blogランキングへ

posted by ミチル at 15:55| 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 乗ロバ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする