2006年06月26日

暇な二人

image/akiyamakoubou-2006-06-26T17:20:30-1.JPG寒いのでヤッケを着る。植物達の恵みの雨だ。銀花はこの頃おいしいものがどかどかある。青物をあちこちから頂く。とても人間さまが食べ切れる量じゃない。傷んでるところや傷み始めたのは銀花行き。が、それらはおやつで普段はいつも通り干し草が主食だ。銀花の大好きなオーツ麦をバケツに入れてたら私の手に何か跳んで来た。小さな鼠だ。山の鼠はハタネズミ、アカネズミ、またはカヤネズミらしい。いずれも体長が5〜6cmしかなくかわいらしい。だが鼠がいると言うことは蛇をご招待するようなものだ!少し片付けようっと…銀花小屋で一通りブラシかけや裏掘りを終えて去らずにいるとどうなるか。銀花は私を気にしつつうたた寝を始めた。そしてたまに私の方へ鼻面を向ける。無視するとメグみたいに鼻先で私を押し上げた。なでてやるとお尻を向けてまた居眠り(笑)人気blogランキングへ


posted by ミチル at 17:20| ☔| Comment(8) | TrackBack(0) | 日常の暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする