2006年05月25日

雷と銀花

image/akiyamakoubou-2006-05-25T16:56:20-1.JPG昨日は夕方から荒れ模様の天気になり雷、バケツをひっくり返したような雨に強風が深夜まで続いた。気になって何度も見に行ったが銀花は小屋の中でぼーっとうたた寝してる。雷も屋根の波板を打つ尋常でない雨音も怖くないらしい。急に冷えたので早めに小屋に閉じ込めた。今日はまるで空の大掃除が終わったかのように真夏の太陽。爽やかな風が気持ち良い。運動場がぬかるんでいるので乗ロバはやめてブラシかけと追いかけっこで遊んだ。顔の毛も抜け始めて羊顔になって来た。私が大声で笑うのを銀花はどう感じるんだろう。ガスの検針の馴染みのおばさまが来た。柵ごしに話してると銀花はそばを離れない。耳を立てて話を聞いてる。体の向きを頻繁にかえてすり寄る。猫みたいだ。猫と言えば写真は我が家の巨猫ミー太郎、6、8kg。アザラシではありません(笑)人気blogランキングへ


posted by ミチル at 16:56| ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | 山暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする