2006年04月21日

坊やを乗せる

image/akiyamakoubou-2006-04-21T23:03:39-1.JPGお絵描き第一便で来た2年生の男の子、以前からずっと銀花に乗せてと言ってた坊やだ。天気よし、銀花機嫌よし、後便まで1時間ある、と言うわけで1年以上前からの約束をやっと果たす。久しぶりに鞍を乗せたのでまず私が2周して銀花の様子をみる。1周目は何となく落ち着かなかったがもう1周すると諦めたのか引いてるコーチャンの指示に従おうとする。椅子に立たせて私が手を貸して銀花の背中に坊やが乗る。人を乗せて歩くのもまだまだ下手、さらに安定性の悪い鞍の上で坊やは嬉しくてにこにこしている。大人なら緊張だが子供は嬉しいしかない。銀花も何とかおとなしく3周歩く。上出来な乗ろばとは言い難いが怖がらずに乗ってくれた坊やも偉いが見知らぬ子供を乗せて歩いた銀花も偉い!!終了後私は嬉しくて銀花に抱き付いた。坊やはさっそく銀花に乗ってる絵を描く。そしてまた来週も乗りたいと言った。人気blogランキングへ

posted by ミチル at 23:03| ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | お勉強 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする