2006年04月10日

顎で使われる

image/akiyamakoubou-2006-04-10T14:01:52-1.JPG散歩に行こうと思ったら雨が降って来た。せっかく無口をしたのでそのまま裏掘した。納得出来ない気分も片足終了ごとに口に押し込んでやる人参で帳消し?(笑)退屈してるのでブラシかけをしてやった。肩の辺りをかいてると銀花は顎を使って私の体を促して必ず私の背中に顎を乗せる。文字通り顎で使われるがこんな事も私を信頼してるのかなと気分は悪くない。銀花が望むまま首や胸ばかりかいているのでもう、首も胸もツルツルだ。どうしても亡くなった春さんちの萌黄ちゃんの事ばかり考えてしまう。馬があっけなく死んでしまう事を目の当たりにした。銀花が死んだらどうしよう…ろばだけど人事とは思えない。考えたくはないけどお墓の手配などもしておかなくちゃなと思う…写真は先日の散歩。きかん坊の銀花だ。人気blogランキングへ


posted by ミチル at 14:01| ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする