2006年03月31日

あ〜あ…

image/akiyamakoubou-2006-03-31T19:27:06-1.JPG今日は私達のロバ師匠が泊まりに来て下さる予定だった。だったと過去形なのはコーチャンが発熱し寝込んでしまったからだ。食材やら会社帰りに来て下さる師匠にはいていただくおパンツなども買い込んで夕方帰宅するとコーチャンは沈没していた…めったにないことだけに何で今日!?春は身体も変動の季節だ。昨夏以前から続くお家騒動もやっと猫や犬達の物に手が回るようになった。ここらで一休みなのだろう。ちゃんと毒出しになれば良いけど。今日は買い物に出たり片付けたりでろくに銀花の顔も見ていない。夜ご飯をあげるとしきりに鼻先を押しつけて来る。かわいらしく押しつけるのでなく押し倒されそうな勢いだ(笑)明日はきっとたくさん遊んであげるよ。冷蔵庫に入り切らない食材、春さんのてんちゃんを預かる約束なので春さん来たら二人で爆食しちゃお(笑)人気blogランキングへ
posted by ミチル at 19:27| ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月30日

犬マンション

image/akiyamakoubou-2006-03-30T19:38:15-1.JPG犬ハウスが完成した。ゲージに入る躾をしてないので拒否されたら終わりだ。中に誘って入ったらご褒美。ご飯も中であげる。戸は閉めずあけっぱで置いて好きにさせる。昨夜はめぐを除く3匹が入って寝ていた。ノノコの1、2年の担任の先生が移動になり最後のお別れにわざわざ当地まで家族でいらした。子供達はもちろん親達も大好きな素敵な先生だった。ところがうちの子は頑として会いに行かないと言う。「死んだ訳じゃないしまた会えるもん!」離任式も唯一人泣かなかったらしい。人生失敗だらけの母は我が子に徹底したブラス思考を教えた(笑)かく言う私は年とともに涙腺が緩みお別れ会にも行かれなかった。が今日が本当に最後、来なかったら山に押しかけますとメールをもらい家族で会いに行く。別れがたく子供達も全員車に乗せ先生一家も我が家へ来てもらう。犬達は吠えるメグ・イチを庭に出しゲンとゆりを一戸建に入れて扉を閉めた。全然騒がない。銀花も誰も囓る事なく無事記念写真におさまった(笑)人気blogランキングへ
posted by ミチル at 19:38| ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 犬たちのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月29日

自発的キャバレッティ

image/akiyamakoubou-2006-03-29T16:57:04-1.JPG昨夏引っ越して以来外におきっぱのお絵描き関係の荷物をやっと整理した。何でもかんでも段ボール箱に詰め込んで必要になるとひっくり返して出し入れして平気でいられる女、私。もっとも工房が片付かない限り整理のしようがないのだが…で、工房もまだ全然片付けてない(笑)取りあえず虫の発生に伴いプラケースや引きだしに詰め込み屋根付きの所に移動。この仕事を25年もやってるとモチーフだけで一山、その他にも様々な道具類。捨てるのは簡単だがまた買うとなると簡単ではない。銀花はボロ場からじ〜っと見ている。かわいいし仕事は嫌だしついつい銀花をかまいに行く。せっせとボロ掃除などして籾殻を運動場にまきに行くとついて来て走り出す。頭を下げて上目遣いに私を見る。明らかに遊びたい。見ていると自分から大きく柵をまわり何と自主的にキャバレッティしてる!しかも上手!まったく愉快なろばだ。人気blogランキングへ
posted by ミチル at 16:57| ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 遊び | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月28日

お日様の匂い

image/akiyamakoubou-2006-03-28T21:55:57-1.JPG春休み真っ最中。何だか毎日慌ただしい。ノノコの友達が二人泊まりに来た。子供達も3年生ともなるとさほど手がかからない。夕飯は自分達でカレーを作る。風呂掃除しわかして3人で入る。果物も勝手に洗って食べて皿洗いも済み。ゲーム三昧が終わると夜更かしはベッドの上で怖い本の朗読会。12時前には高鼾だ。朝も7時半から起き出して3人でハムトーストを食べていた。こりゃもう私の出る幕ナシ(笑)そのまま午後からのお絵描き突入。今日は早くに来たので終了後写真絵本「わたしのろばベンジャミン」を読んでやった。もう30年も前に出た超ぷりちーな女の子とろばの本だ。いつもはきかん坊で人の話なんかちっとも聞かない男の子も身を乗り出して見入っている。特にベンジャミンが《イーヨーイーヨーイーヨー》と鳴くところの私の余りにうまい声帯模写に大ウケ(笑)その後みんなで銀花のところに行って人参などあげる。今日の《動物虐待人間を作らない洗脳作戦》は大成功と言えよう(笑)良い感じになって来ているところで近いうちに一度銀花に乗せてあげたい。銀花に人参をあげながら子供達「おばちゃん、銀花お日様の匂いがするね!」君達にはお日様の匂いなんだね。子供の感性は本当に楽しい。人気blogランキングへ
posted by ミチル at 21:55| ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 日常の暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月27日

初めてのおしゃれ

image/akiyamakoubou-2006-03-27T17:06:41-1.JPG銀花を大切に思って下さる方がはるか遠い国キューバの素敵な木の実の首飾りを送って下さった。大小色も様々な木の実でできている。どこか懐かしい手触りと音がする。早速銀花の首にかけてみる。ぴったりだ。初めてのおしゃれ、やんちゃな銀花が心配だったけど何ごともなかったようにすましている。かわいい。もう一つ手編みの三角ショールもいただいた。こちらも肩にかけてやったらどんなにかわいいかとは思うが一度で真っ黒だ。私が使わせてもらって時々銀花に貸してあげよう(笑)木の実の首飾りをつけて下の料亭まで散歩に行った。休みで持て余してるノノコが専属カメラマン、3人で1時間ちょっと歩いた。走り出しそうな勢いで歩く銀花を私が叱っていると「母ちゃん、銀花嬉しいんだね!」と言う。私はもう、引っ張られるのと狭い林道で人や車と遭遇した時の非難場ばかり気になって銀花の表情を見てる余裕ナシ(笑)そうか、嬉しいのか…も?また行こうね!人気blogランキングへ
posted by ミチル at 17:06| ☔| Comment(5) | TrackBack(0) | 友達 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月26日

困った籾殻

image/akiyamakoubou-2006-03-26T20:32:40-1.JPG義父が村の友達に頼まれた棚を作って持って来てくれた。義父の仕事は友達によると「きっちりしていて後光がさしている」そうだ。息子の方もこの頃猫達の空中庭園やら食いつくされた犬達のソファに代わる犬マンションやら建造物に忙しいがなかなか後光はささない(笑)早くに帰ってしまったので夕方から銀花の籾殻を取りに吉田まで行った。ところがたっぷり満タンの籾殻サイロは取り出し口のレバーに施錠されており取り出す事が出来なかった。往復50km以上の道程である。山暮らしで一番痛いガソリンの無駄遣い!暖かくなり厳寒時ほど消費しないが銀花はおしっこを必ず小屋の中でするので吸水材として必要不可欠だ。大工仕事で出て来るおがくずや削りカスはダメだ。銀花は木を食べるロバたから(笑)今一度農協の人に連絡してみよう。暗くなりかけて戻ると銀花は体中籾殻だらけになって寝ていた。人気blogランキングへ
posted by ミチル at 20:32| ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月25日

夕方の散歩

image/akiyamakoubou-2006-03-25T18:08:08-1.JPG月末恒例、河口湖の整体協会へ行く。ノノコも晴れて春休みに入った。3人娘達も昨夜帰り火が消えたように寂しく…ならない害獣被害の家(笑)明るいうちに帰って来られたのでかまってモードの銀花を連れ出した。嬉しいんだか怖いんだかあれだけ柵内でお勉強したのに「ゆっくり」だの「引っ張っちゃダメ」だの、でかいだけで聞く耳持たず(笑)たくさんの馬を知ってる春さんに以前馬によってちゃんと下を見る馬と見ない馬がいると聞いた事がある。もちろん銀花は後者、それどころかすぐ目の前に突き出ている枝を鼻先やおでこに当てて私に八つ当たりする銀花(笑)大きな木が折れてつる草で道脇にぶら下がっている。真下に青草が出ていて度々食べていたくせに今日、その木を前にして後退りする。鼻息まで荒くパニック寸前?羊飼いの杖で揺すり手で触ってゆっくり近付けてやるとそおっと鼻を寄せ匂いチェック。遠巻きにしてやっと通り過ぎた。頭が良いんだか悪いんだか、私は非常にしばしば分からなくなる(笑)人気blogランキングへ
posted by ミチル at 18:08| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月24日

さびしい銀花

image/akiyamakoubou-2006-03-24T22:34:41-1.JPG一泊二日のぷち・クラス会終了。皆を駅まで送る。楽しみにしていた散歩もあいにくの天気で急遽手芸教室に変更だ。モノ作りに関わっている子供達は手近な素材で朝から晩まで飽きる事なく何やら作り続ける。織機も七宝の窯も私の道具類は未だ知り合いの家に預けっ放しで今回の滞在で何も遊ばせてあげられないと思ったら大きな間違い(笑)銀花は工房の人影に何度も甘え鳴きする。ちょっとくらいかまってやっても物足りないらしい。皆を送って戻ると銀花も犬達もふて寝していて心なしかしょんぼり見える。楽しかったね。お姉さんたちきっとまた来てくれるからね。人気blogランキングへ
posted by ミチル at 22:34| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 友達 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月23日

ちやほやちやほや

image/akiyamakoubou-2006-03-23T23:10:56-1.JPG教室のOGの子供達が遊びに来た。子供達と言っても花も恥じらう24歳だ。それぞれ自分の夢を追い、実現させ既に私が助けてもらう側になった。1人はメイクアップアーチストとしてロンドンで活躍、1人は彫金師になりもう1人は舞台美術家目指して6月より渡英する。小さな女の子だった彼女達がしっかりと自分の道を歩んでいる事がこの上なく嬉しい。みんな動物好きだ。第一セキュリティのメグも最初の一吠え後いつになくおとなしくみんなの足下でお腹など出して寝ている。山に移ってから人恋しい銀花は3人のお姉さんたちにちやほやされ囓る事も忘れている。柵の中にまで入ってたっぷりブラシかけなどしてもらった。銀花が家族以外にこんなに気を許すのも初めての事で私は嬉しい。夜はロンドン在住の子がブルガリアで写したロバの写真を見せてもらった。銀花と同じくらいのロバが誰に対しても耳をやや寝かせ伏し目がちに服従している。銀花とはエライ違いだ(笑)明日はみんなでお散歩に行こう。人気blogランキングへ
posted by ミチル at 23:10| ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 友達 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月22日

日向ぼっこの猫

image/akiyamakoubou-2006-03-22T14:12:22-1.JPG当地の小学校は今日が卒業式だ。100人弱の小さな学校の卒業式は全員参加で行われる。小さい小学校は良い所もたくさんあるが子供はもちろん、親の方も選択肢の幅がないというデメリットが大きい。特に個人主義を尊重する人間にとって《おてて繋いでみんな一緒♪》の暗黙のルールは拷問に等しく感じられる。豊かな自然に囲まれた田舎暮らしはかけがえのないものだがそれに見合うだけの代償もしっかり背負う覚悟がなければとても薦められない。東京から移り住んで18年目の春。まさかロバを飼えるとは!(笑)去年の今頃銀花は風邪をひいて大騒ぎだった。今年は懲りてたっぷりの皮下脂肪をつけた。後一息、油断しないよう気をつけよう。子供が早帰りでお散歩行けず。念入りなブラシかけと追いロバで勘弁してもらう(笑)写真は猫達の空中庭園。日の当たる時間になると大人気だ。人気blogランキングへ
posted by ミチル at 14:12| ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | 田舎暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月21日

空色の卵

image/akiyamakoubou-2006-03-21T20:14:16-1.JPG祭日だったが子供達の希望でいつも通りお絵描きだった。人数が少なかったので犬達は庭に出さずにおく。メグを筆頭にうちの犬達はセキュリティシステムなので激しく吠えるのだが囓ったりはしない。メグをおんぶして子供達が絵を描いてる工房を一周する。もう大丈夫。メグが吠えなければ他の犬達も吠えない。いつも会えないメグや百合に会えて嬉しい子供達。子供達の回りをウロウロしてせっせとおやつをせしめていた犬達(笑)銀花は遊んでやれずブラシかけだけ。犬用のT字型の櫛が調子良い。両手で持って力を入れてかいてやれる。結構な力で痛くないか心配になるくらい強くかくと下唇が緩む。背中から左右、お腹、お尻、太股、念入りに大好きな胸と首、一巡するとこちらが一汗かく。暖かな日差しにつられて羽虫がまとわりつく。銀花の尻尾は左右上下忙しく虫を払う。ぺしっと顔に当たると結構痛い。これは尻尾ムチだ。写真は昨日見たずぼらな鳥の巣。空色の卵は既にからで廃墟になっていた。人気blogランキングへ
posted by ミチル at 20:14| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 山暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月20日

噛みたい背中(笑)

image/akiyamakoubou-2006-03-20T15:10:31-1.JPG二人で散歩に行った。お山も春がいっぱい。道から手の届くところに鳥の巣があった。廃屋かとのぞくと小さな空色の卵が入っている。どんな鳥か知らないけどこんなとこに営巣するなんてすぼらなやつだ。浮れ足で今日は1k下の料亭まで行ってみる。文字通り道草を喰いながら1時間半の散歩。アスファルトなので蹄も減ってちょうど良い。行きはずっとなだらかな下りで銀花は羊飼いの杖を無視、私なんか見向きもせず前方に耳をぴんと立ててたったか歩く。回し過ぎて手首が痛い。帰りは一度も前に出なかったが後ろに回ったなと思った瞬間背中のお肉たっぷりのところをマッハ3で囓られた。こらっと振り向きざまに左手に持っていた羊飼いの杖が銀花にアッパーカット(笑)私がやったんじゃないよ!ざまぁみやがれ!帰って来て繋いでみっちり裏掘りしてやった。運動場は堆肥やもみ殻をせっせとまいたのでだいぶ柔らかになり蹄の手入れにそろそろヤスリかけが必要かな。人気blogランキングへ

posted by ミチル at 15:10| ☔| Comment(6) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月19日

変食

image/akiyamakoubou-2006-03-19T16:55:25-1.JPG冬の間一度も行かなかった水源掃除に行った。メグだけ連れて行く。家の水は300mくらい山を上がった杉林の小さな清流から引いているのだがこれが雨が降ると濁り小さなゴミですぐ出が悪くなる。洗濯機などしょっちゅう掃除だ。確かに美味しいしいくら使ってもタダ。だけどタダと言うのにこうした人件費が含まれていない事に気がつく(笑)コーチャンはまた新たに猫達の空中庭園を増設。使わなくなり薪にしたイスの座る部分でいくつか猫の座り場所をつけた。配水管トンネルはまだ誰も通ってくれない。途中に煮干しでもおいてみようか。銀花は30分くらい私が一人で連れ出してやった。無口に自分から顔を入れる。笹や出たばかりのアケビや野薔薇まで食べてやっぱり杉の苔むした皮を食べた。写真はロバが苔むした杉根を食べる証拠写真だ(笑)風に落ち葉が勢いよく舞い向かって来るとびびって急ぎ足で帰って来て自分から小屋に入った。人気blogランキングへ
posted by ミチル at 16:55| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 山暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月18日

空中庭園着工

image/akiyamakoubou-2006-03-18T21:24:46-1.JPG10匹の猫達は2階と階段、台所を行ったり来たりしている。居間は4頭の犬達、階段下にもう2頭。ピーク時には猫23匹犬5頭…今は猫10匹犬6頭だ。猫達は完全室内飼。犬達は一昨年より部屋に入れた。希望としては猫も犬も仲良くいっしょくたに暮らして欲しいのだが家の中は猫エリア犬エリアに分かれている。猫達のいる場所は日当たりが悪く遊び場も狭く悪戯ばかりしている。流しの排水口からティーバックを持って来て寝てる人の顔におく!なぜか枕元にフランスパンが!?(笑)吹き抜けの高い天井に猫達の遊び場、空中庭園を作る事にした。今日は猫トイレから下水の太い配水管に色を塗って日の当たる明かり取りの窓まで繋げた。まず寄って来るのは若い猫達だ。まだ後ろの配水管トンネルには誰も入ってくれず施工者のコーチャンは機嫌が悪い(笑)銀花は生憎の天気で小屋でたっぷりブラシかけしてやった。首下をかいてやるとしゃがんでる私の背中に顎をもたせている(笑)人気blogランキングへ
posted by ミチル at 21:24| ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 猫たちのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月17日

散歩

image/akiyamakoubou-2006-03-17T22:12:10-1.JPGコーチャンを引っ張り出して久しぶりにのんびり散歩に行った。道は一本道。家の奥の方へ1時間ほど歩いた。この道はよく犬達と歩いた道。小さな河原があり真夏でも余りの水の冷たさに犬達は大好きな水遊びも早々に上がって来る。その河原まで歩いた。道の脇に生えてる草は常緑の小さな笹だけだ。時々立ち止まりおいしそうに食べる。物足りないのかそのうち石についた苔や杉の皮をむしって食べ始めた。トナカイ?(笑)道は舗装されてなく砂利道か簡易舗装だ。久しぶりの3人の散歩に興奮気味の銀花は引いて引いて言う事を聞かない。羊飼いの杖を拾って銀花の顔面に翳しながら歩いた。先に行こうとすると鼻先が当たる位置に持っていても鼻先をこんこん当てて引っ張る。これ、引き綱はずしたらどうなるだろう?どんどん先行って私達の姿が見えなくなったらちゃんと戻って来るんだろうか。それともそのまま野生に帰るの?(笑)人気blogランキングへ
posted by ミチル at 22:12| ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月16日

別れ

image/akiyamakoubou-2006-03-16T17:11:02-1.JPG旧知の人が亡くなった。父と同い年ながらも若い人に負けない好奇心と常に前向きな姿勢は体の自由を奪われても変わらなかった。まだまだやりたい事があったろうにと思うと残念でならない。が反面これでやっと自由の身になれたのかなとも思う。体を離れた魂はどこへ行くんだろう。空に昇って雲の切れ間から下界を見下ろしているのだろうか。しょぼくれて帰って来たら銀花はちょっとお腹が緩い。春先で人間だったら大そうじの時期だ。運動場に出れば地面に落ちてる腐ったような木ぎれを拾い喰いする。素早く喪服を着替える。悲しい事や嫌な事があっても動物達との暮らしは毎日変わらない。良い子で留守番してた犬達をかまって猫トイレを替えて外に出る。もみ殻だらけでゴマ団子みたいな銀花にブラシをかけてやる。この子達のために長生きしなくちゃなと思う。生と死が身近な年齢になった。人気blogランキングへ
posted by ミチル at 17:11| ☁| Comment(8) | TrackBack(0) | 日常の暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月15日

春の林道

image/akiyamakoubou-2006-03-15T18:31:19-1.JPG春の日差しに誘われて散歩に行く。私と銀花しかいない林道。春の小鳥たちのおしゃべりが聞こえる。今年は雪は少なかったけど寒かったね、やっと春が来たねなんて話してるに違いない。日当たりの良い所に小さな菫が咲いている。が、まだ銀花の好きな青草は芽吹いていない。風に黄色く杉花粉が舞う。私も家族も有り難い事に何ともない。もっとも花粉症だったらこんなとこ住めないだろう。久しぶりに外に出て緊張気味の私と銀花。私は狭い道でもしか車が来たらと思い銀花なんか小さな石を自分ではじいて下に転がる音にびびっている。そのくせ従順に歩いてると見せかけ背中を素早く囓ったりする。気が小さいんだか大きいんだか…道下に白く流れる川を立ち止まりじっと見る。下の家は集落だったので日課のお散歩で、またギャラリーとして銀花は誰かしら毎日人と会っていた。今は車やバイク、生活の騒音も皆無の暮らしで退屈でもある思う。また連れてってあげるね。人気blogランキングへ
posted by ミチル at 18:31| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月14日

賑やかな火曜日

image/akiyamakoubou-2006-03-14T21:03:56-1.JPG昨日の雪は夜までやまず今朝も冷え込んで久しぶりに水道が凍った。まだまだ侮れない山間部の春、スタッドレスはもうしばらくはいておこう。火曜日で子供達が来て賑やかな1日。低学年の子供達は来るなり今日は銀花に乗れる?といつも言う。2人銀花につければ今の銀花なら大丈夫だと思う。子供達の期待を裏切らないよう、私と銀花のお勉強は続く。高学年になるとさすがに乗りたいとは言わないが銀花を見てろばという生き物の意思表示の仕方を観察する。いずれにしても子供達は銀花と仲良くなりたいのだ。子供が動物好きか嫌いかはどっちでもいいと思うが私はせっかくこんなにたくさんの動物を飼っているのだから子供達には意識して動物達のかわいい面を見せるようにしている。これはある意味洗脳?(笑)動物虐待する人間がこれ以上増えないように。人間大切なことは忘れても必要な時には思い出すそうである。写真はピンクのお寝間、否、馬着。人気blogラ

2006年03月13日

久しぶりに鞍

image/akiyamakoubou-2006-03-13T12:52:14-1.JPG青空があっと言う間に曇り冷たい風と共に雪がチラホラ舞って来た。今日は久々に鞍をつけた。しばらく運動場のぬかるみを理由にお勉強をさぼっていた。この頃銀花はナマイキだ。が、無口にはすんなりと顔を入れて鞍をつける間もひたすら激しく前がきなどして一度も私をかじろうとしなかった(笑)運動場に出ると下を向いて服従の態度とは言いがたい歩き方。キャバレッティの竹を並べているのを実に嫌な目付きで見てる。まずはマウンティングだな。私は跨り片手に持った指揮棒で動かないよう操りつつ2〜3分耐えさせる。それからキャバレッティをさせたらてきめんだ。左右何周かさせて終了。やまない雪に鞍をはずしてキルティングの敷布の馬着を着せた。鞍をしまいに部屋に戻ると車が来た。見掛けない車だと思ったら村のおばさま方4名様がロバの見学にいらした。人恋しい銀花はピンクの馬着姿で出て来てかつて農耕馬を飼っていたというおばさま方からさんざんチヤホヤされる。もう少し前なら鞍姿をご披露できたのにね、銀花。人気blogランキングへ
posted by ミチル at 12:52| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | お勉強 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月12日

似てない親子

image/akiyamakoubou-2006-03-12T20:39:39-1.JPG久しぶりに義父が来た。冷蔵庫と壁の隙間にスリムな引き出せる棚を作って届けてくれた。3年前義母に先立たれ70後半の今も一人暮らしをしている。市からのサービスを受けたらと勧めても反って他人に家に入られるのが煩わしいと言う。1日一人(と猫1匹)だから話し相手にもなるのにと思うのだが気楽は気楽なのだろう。横の物を縦にもしないとよく義母が笑っていたが今では身の回りの事は何でもできるおじいさんになった。その仕事はきっちりかっきり後光がさしている。息子がいい加減になったのはきれい好きできっちりした両親に育てられたからとこれはコーチャンの弁。意に反して子供は親に似ないものだ。うちの子は親が見てつまらないくらいまじめである。ロバの娘銀花は誰に似ているんだろう。奔放なやんちゃ娘だ。でも自己主張できると言う点では私は気に入っている。これから大人になる銀花、のびのびした所と規律を守らせる所この兼ね合いが私達の課題だ。ところでナルニアのロバの名前を思い出した。それは《トマドイ》だった(笑)人気blogランキングへ
posted by ミチル at 20:39| ☁| Comment(10) | TrackBack(0) | 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月11日

ナルニア国物語

image/akiyamakoubou-2006-03-11T21:31:52-1.JPG今日は思い切って甲府まで映画を見に行った。昨夏以来、大分下火になったが今だお家騒動渦中、遊びに行く気にもなれないがもうノノコも限界だ(笑)子供の頃、図書室や学級文庫で争って借りたナルニア国物語。数年前改めて全巻読んで作者のルイスが大好きになりほとんどの作品を読んだ。今の私の読書の傾向の一つはルイスの影響が否めない。シリーズのどれだったか忘れたがライオンの皮を被った偽者がナルニア国を混乱させた話があった事を思い出した。偽者アスランは気の弱いロバだったのだ(笑)身内には気の強いロバの銀花は運動場を開けて出かけたが一人の時はめったに出ない。夕方戻ると小屋の中で立ったまま寝ていたらしい。電気をつけたら人間みたいに目をしばしばさせて出て来た。犬達もペットシーツをぐしゃぐしゃにしていただけで居間は無事だった。うちのどこかの扉を開けたらナルニアが広がっているのかもしれない。楽しい気持ちになった。人気blogランキングへ
posted by ミチル at 21:31| ☁| Comment(8) | TrackBack(0) | 日常の暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月10日

シーツの変貌

image/akiyamakoubou-2006-03-10T15:39:46-1.JPG冷たい雨だ。夕べは眠れず(当たり前だーっ!)5時近くまで本を読んでいた。が今朝はいつも通り7時半に起きた。…眠い(笑)ノノコを送って朝一で銀花ご飯。肌寒かったので薄手の馬着を着せる。これはつい先日まで使ってたシーツ。襟をカーブにして長過ぎる所を折って紐を首とお腹に2か所つけて出来上がり。調子に乗って同じようにして2つ作った。銀花は脂肪をつけ大分寒冷地仕様ろばになったが本当に馬着が必要なのはこれからだそうだ。5月頃まで気温差には気をつけてやりたい。が結局雨だから小屋に入りっ放し。小屋は毛布で出入り口を覆っているから暖かい。で、今脱がせた。着せるのも脱がすのも実は一苦労だ。銀花はまず絶対素直にかぶせさせない。狭い小屋でおいかけっこしてやっとかぶせ次に紐を結ぶのに私は頭上から振り降ろされる開いたロバの口を肘や肩、時には頭を使い防御しつつやっと結ぶ。この姿は誰にも見られたくない(笑)だから試着なんか絶対嫌だ…と馬着の不具合の言い訳をしてみる(笑)人気blogランキングへ
posted by ミチル at 15:39| ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 健康管理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月09日

爆睡

image/akiyamakoubou-2006-03-09T20:21:10-1.JPGとんでもなく寝坊してしまった。木曜のノノコ当番はコーチャンだがいつもなら起こしてくれるのに今日は面白いから放って置いたと言う。起きたらしっかり、昼休みもとうに過ぎた時間。放っておかれるとこんなに寝てられるとは私も若い!と強がってみてもやっぱり自己嫌悪…お陰で夕方一気に忙しくなった。寝坊はしたくない。が夜更かしはしたい。早起きはしたい。が猫達といつまでもベッドに入っていたい。このジレンマと毎日戦っている(笑)夕方馬喰のおじさまの厩へ行った。買い出した干し草を降ろす手伝いができるかと思ったがすでに終わっていた。銀花の分だけ自分の車に積み込んで終了。前回のがまだ残っているがその中でオーツだけは後わずか。銀花はチモシーが嫌いだ。なかなかバランス良く干し草が無くならない。暖かになり柵の回りに青々とした草が芽生えている。もしかしたら籾殻の稲かもしれない。大きくなる前に銀花が食べちゃうからわからない(笑)人気blogランキングへ
posted by ミチル at 20:21| ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 日常の暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月08日

春、歯も伸びる

image/akiyamakoubou-2006-03-08T14:29:31-1.JPG暖かい。日照時間が毎日伸びている。大雪にドキドキすることもない。3月も1週間が過ぎた。銀花は寒さに向かう食欲旺盛な時期から比べると干し草の量は半分に落ちた。もう脂肪をつける必要がないのだろう。微量だが毛も抜け始めた。この冬の銀花は去年の冬の倍くらい下毛が濃くなっている。櫛ですくのが今から楽しみだ。前歯の脇に出て来た歯が大分伸びた。前歯は緑色に着色されて汚いが脇の歯は真っ白だ。ブラシかけの時ほっぺたをごしごしして口まわりもかいてやる。嫌がるかと思うと口まわり、特に下顎や口脇は大好きでもっとかけと言う。嫌がっていた耳も最初のタイミング良く触るともっと!と顔を傾けて来る。耳の根元を両手でかいてやると余りの気持ち良さに銀花は鼻が地面につく程緩む。口をブラシでこすったらじっとしてる。気持ちいいらしい。少しずつ慣らして歯磨きロバにしよう。脇の歯は抜け落ちるそうだ。そうしたら拾って磨いてペンダントにする(笑)人気blogランキングへ
posted by ミチル at 14:29| ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 山暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月07日

ふきのとう

image/akiyamakoubou-2006-03-07T21:33:37-1.JPGミンチの急逝にはたくさんのご弔問を頂いた。ミンチは人になつかない猫だったがたくさんの人に思って頂き幸せな猫だったと思う。どうもありがとうございました。今頃皆のところに着いて懐かしい面々と話も尽きないだろうか…気を取り直して今日は張り切ってお絵描きだ。工房が大分片付きストーブも設置した。複雑な犬事情でゲンさんだけ居間に入れておいた。かつて一度だけ脅かされて子供に飛び掛かってしまった前歴があるのでまだすっかり信用出来ないが犬を触ったこともない子がかわいいと、ゲンにくっついて離れない。ゲンも良い子になった。銀花は午後1時間くらい遊んでやる。狭いボロ場でボロを拾っていると寄って来て私をパイプに押しつけようとする。本人はすり寄ってるつもりなのかもしれないがこんなでかい尻ではさすがの私も負ける。昨夜村友がふきのとうをたくさん届けてくれた。開いてるのをいくつかあげたら喜んで食べた。やっぱりロバも春先は苦みのある物がおいしいんだろうか。人気blogランキングへ
posted by ミチル at 21:33| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常の暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月06日

旅立った魂

image/akiyamakoubou-2006-03-06T10:39:07-1.JPG昨夜突然猫のミンチが死んだ。11年前当地へ越して来て間もない頃拾ったので今では最長老だった。歯が悪くなって来てはいたが大きく立派な猫で昨日も変わらず元気に飛び回っていた。夜、寝室に掃除機をかけに行くと折り畳みのベッドの下で横たわっていた。いつもなら真っ先に逃げる掃除機の音に動かない。寝ているようにしか見えなかったが、ミンチのからだからは魂がはなれていた。一体何があったのか全然納得出来ない。突然の死。ミンチは古い猫達と重なりがあり我が家の歴史と共にたくさんの思い出のある猫だった。動物達の死は覚悟あるなしに関わりなく心をむしり取られる。次にもしか生まれ変われるなら私は絶対動物好きじゃない人間になりたい。ミンチが逝き我が家の猫は10匹になった。写真はQ太郎と百合。人気blogランキングへ
posted by ミチル at 10:39| ☔| Comment(16) | TrackBack(0) | 猫たちのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月05日

白菜のお土産

image/akiyamakoubou-2006-03-05T20:24:21-1.JPG午後からコーチャンとノノコは銀花ボロのお届け、入れ替わりに下の家の時仲良くしてたおばちゃまが遊びに来た。畑で作っている野菜を銀花にとこんな山奥までわざわざ届けて下さる。今日は見慣れないおばちゃまも一緒だ。近所の人で我が家を一度見たかったそうだ。当地は何かあるとすぐお披露目したがる事、名古屋の如し(笑)村の習慣に開いた口が塞がらない我が家はもちろん新築祝いも建前もナシ。地元の人からするとこんな山奥で一体ナニをしてるのか興味津津なんだろう。相手がそう来れば私は全てオープンにする。上がってもらって内覧会をした。貧乏だけど日がな一日動物達かまってこんな暮らしも良いでしょ!?(笑)今日は白菜の外側の葉っぱをどっさり頂いた。たくさんあるので銀花も贅沢になり白菜の緑色の葉っぱ部分を食べると白い茎部分はべーっと出してしまう。広げて少し干してやると甘みが出るのかより食べる。人気blogランキングへ
posted by ミチル at 20:24| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 山暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月04日

マン・ウォッチング(笑)

image/akiyamakoubou-2006-03-04T21:58:56-1.JPG釣人で賑やかだった。先に家がないので何かの目的がある人以外めったに人の姿を見掛けないお山の我が家。セキュリティシステムがうるさいがこんな人里離れた所に住んでいられるのも6匹の犬達のお陰だ。休日、珍しくミッションが下らなかったので暖かな柵の中でノノコと3人でたっぷり遊ぶ。銀花は何故かノノコが柵にいると興奮する。いつもそうだ。爆走に雄叫びつき。また笹を取って来てなだめる。釣人の姿にいち早く気がつくのはさすがロバだ。銀花がじーっと耳をそばだて注目してる同じ目線で見ても私には見えない。しばらくすると人影が見えて来る。柵の下の細い道を釣りのおじさんが歩いて行くのを銀花はちょっとでも近付くべく、柵に張り付いて見てる。おじさん達もじっと見つめる銀花の黒い瞳に出会うとしばし立ち止まりびっくりしている(笑)釣れました?いやぁ全然…そらそ〜だ、こんな小さな川に数え切れないくらい堰堤作ったバカヤローがいるんだもの。次の放流までボウズよ〜♪人気blogランキングへ
posted by ミチル at 21:58| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 田舎暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月03日

ひな祭り

image/akiyamakoubou-2006-03-03T13:20:24-1.JPG今日はお雛さま。女の子の節句だ。銀花も女の子、菱餅でも食べる?(笑)夜中に降ったのか起きたらうっすら雪景色、朝の光がさしてものすごくきれいだった。ノノコを送って下山すると下界には雪がない。日が昇り一瞬でとけてまたぬかるんだ。今日も釣人が何人か入っている。運動場に出ると銀花は人の気配に嬉しいのか興奮気味だ。勝手に駆け出し勝手に滑ってこけそうになる。これだからぬかるみは嫌だ。犬や猫と違って体の大きな動物は足の怪我が致命傷になり兼ねない。これ以上駆け出さないよう土手から笹など取って与える。いつもは指示して早足をさせるのに。柵の外に青草が出て来た。去年蒔いた牧草だろうか。結局柵内は5cmくらい伸びると銀花がみんな食べちゃってちっとも育たなかった。今年は柵を仕切るか柵の外に蒔く。そんなの食べないでもうちょっと待ってればたくさん食べられるのに…後ろの山は山頂付近に雪を頂いている。でも銀花の柵には春は確実に近付いて来ている人気blogランキングへ
posted by ミチル at 13:20| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 山暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月02日

胸輪?

image/akiyamakoubou-2006-03-02T20:34:10-1.JPG干し草の代金を支払いに馬喰のおじさまの厩へ行く。以前ポニーかと思った小さな馬が数か月で見違えるほど大きくなりそろそろ門出だそうだ。初めて見た時余りに小さくて行き場がなかったらうちで買い取ろうかとコーチャンに話した。同じ馬とは思えないくらい立派になっている。7歳の馬である。おじさまはきかない馬の対処方法の一つとして縄で輪を作り馬の胸周りに巻いて先端を無口の下の輪に入れておくのをその子を使って見せて下さった。なつこくておとなしいちびちゃんはされるがまま。きかない馬をこうして御するのだそうだ。さすが色んな技を知っている。馬やロバの話をしていると突然家畜商取ればと言われた。何かお役に立てますか?私はおじさまに言った、全部全部かわいいからきっと肉馬みんなうちに連れて帰って来ちゃいますぅぅ〜私は価値がないと言われれば言われるほど力を発揮したくなるタイプなのだ!そのことが我が家の動物状況に反映してるかどうか、判断の難しいところである(笑)。人気blogランキングへ
posted by ミチル at 20:34| ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | お勉強 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月01日

渓流解禁

image/akiyamakoubou-2006-03-01T13:34:04-1.JPG音をたてて雨が降っている。明るい春の雨だ。春の雨は秋の長雨と同じくらいの降水量があるそうだ。お気の毒はロバと犬。今日は当地の渓流釣り解禁日。この天気にも関わらず本日のヒト遭遇率は非常に高い。海川湖沼管理釣場と釣りに関しては熱い漢コーチャンも平日に4時起きして仕事前に一釣りするバイタリティは消え失せたらしい。寄る年波と言うものだ。銀花は前の川に佇む人影に落ち着かない。小屋とボロ場を行ったり来たりしてる。二人で見下ろしていた瞬間にも大物を釣り上げた。ヤマメかな?イワナかな?あ、枝に釣糸ひっかけた!?頑張って下さい。部屋から外を見て我が家の強力セキュリティシステム作動。メグが中心の犬社会なのでメグに見せて大丈夫だよと納得させると他の犬達も吠えるのをやめる。野生のロバの群にもしか銀花がいたらどの辺りに位置してるんだろうと考えると銀花には悪いが笑いが込み上げて来る。写真は男親が娘に甘い証拠写真。私にこっそり人参をあげている(笑)人気blogランキングへ
posted by ミチル at 13:34| ☔| Comment(8) | TrackBack(0) | 山暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする