2006年02月27日

フェイント

image/akiyamakoubou-2006-02-27T14:27:15-1.JPG気温が上がったせいかすごい霧だった。やがてお日様が顔を出すだろうと思っていたがだめだ。霧は空に昇って雲になったらしい。だが暖かで今年初めて朝からストーブをつけていない。運動場の柵の下に目にも鮮やかな緑の小さな葉が出ていた。こんな極寒地の山奥にも春の神様は近付いて来ている。ぬかるみがひどいが銀花と遊ぶ。キャバレッティの竹は銀花が囓って蹴って?あちこち散らばっている(笑)また並べて無口も引綱もつけず指揮棒だけで追う。やっぱりキャバレッティをさせられるのは嫌らしい。手前で内側に回り込む。銀花と同じ方を向いて体もねじらずそっと指揮棒を持ち替えて知らんふりしてお尻を押すのだ。銀花は私がやる事は想定しているがこのフェイントは未だにきく。ぶつための道具ではないので相手にいかに予想されずに使うかが指揮棒のコツだ。ちょっと囓ってやろうかなどうしようかなと考えてる先回りして押さえる。そんな努力もなかなかに虚しく相変わらず今日の銀花もきかん坊だ。人気blogランキングへ
posted by ミチル at 14:27| ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 山暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする