2005年10月31日

困った急展開

051029_1432~01.JPG
今朝は寒い朝でした。曇っています。山ははっきり紅葉してとてもきれいになりました。
明日から11月、秋も深まる一方ですがまもなく霜が降りたり氷が張ったり
する季節の到なんですね。銀花は冬毛も生えてきて元気いっぱいです。
今朝もごはんを作って小屋をあけるともう、運動場へ出る出口の前で
待っていました。だけど今日は小屋の中であげて銀花の足の下をクマデを
行ったり来たりさせて掃除をしました。すごかった食欲もだいぶ落ち着いて
この頃はいつもどおりの量でも一度に食べきりません。そのくせ間食バケツに
オーツを入れておくとそっちを食べたがるのですが。毎日見てるので
太ったかやせたか判断の難しいところですが腰骨のへっこんでるところの
カーブが緩やかになってブラシかけしやすいのでだいぶお肉がついたのでしょう。
たっぷり脂肪をつけて元気に寒い冬を乗り越えてもらいたいです。

今朝は早起きしてコーチャンがこちらの家に来ました。昨夜留守番電話が
入っていて大家さんが屋根修理の大工さんとの打ち合わせで急に今朝早く
来るというのです。こちらの家は工房が出来ていないせいでまだ大半の荷物が
あります。山の家は生活するのに必要なものを運んだだけですから。
先だって電話でその辺の事情は説明してあったのですがいくらなんでも
もう待たせすぎ。7月には出来る、8月には出来る、9月には出来る、10月には出来る・・・
と家を頼んでいる知人の言葉を信じてそのまま伝えてきたのですから
私たちじゃなくても堪忍袋の緒が切れるというもの。かといって今週中には
荷物をすっかり運び出さなくちゃいけないってあんまりな急展開もうやだ〜(悲しい顔)
荷物は村営住宅借りて置かせてもらえないの?って言われても…それに
わたしのお絵かき教室のこともあります。

だけど大家さん、庭のあちこちで隣のじいさんが勝手に作ってる作物見て
コーチャンにこれお宅の?といちいち確かめていたそうです。さらに家を貸してる人に
庭も貸してるつもりなんだけどとおっしゃっていたそう。わたしはちょっと
溜飲が下がりました。じいさんは何か言われたら困るからついて歩いていたので
コーチャンは話せなかったそうですが庭のあちこちの荷物やら畑やら見て
わたしたちの10年間の苦労を少しはわかってもらえたでしょうか。
でも、大工さん隣の親戚なんですよね。。。打ち合わせが終わったらお山の我が家へと
思っていましたが結局多勢に無勢でお隣に行ってしまわれました。。

すぐその足で家を作ってる知人宅へ行きました。大変なことになった、
どうしたらいい??知人いわく、荷物はうちに運べばいいよ。のんきに
言われることじゃないんですけどとにかく、早急に!うちを最優先して
やってくれと再三頼みました。だけど最速で作ったとしてやっぱり
11月いっぱいかかるんだそうです。今週いっぱいくらいで本当にこの家とは
完全おさらばになりそうです。そうなると本格的にもう、わたしたちは
パソコンのない生活を強いられるわけです。こちらもNTT嫌いのおじさまに
何とか電話引かせてくれるよう、また交渉に行かなくちゃ〜、はぁ〜ダッシュ(走り出すさま)(深いため息)

本日もよろしくお願いします↓
人気blogランキングへ
posted by ミチル at 11:21| ☔| Comment(7) | TrackBack(0) | 田舎暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする