2005年10月27日

これは何だろう?

051026_1052~01.JPG
朝のうち屋根をうって激しく降っていた雨も午後にはやんでお日さまが顔を
出しています。今日はコーチャンが家にいる日なのでわたしは学校の配り物を
配りに早めに下に下りてきました。子供が通ってる学校は全校生徒で100人ちょっと。
それがフシギな制度があり、学校に子供が通っている子の家庭をA会員、
子供が通ってない地区のお宅をB会員と称してどちらからも会費を集めるのです。
その他今日のように学校の行事にあわせて、つまり行事のご案内をB会員宅に
配布するのですが地区理事というのがその役をしています。もっとも今うちの子の
地区は3人しかいないので理事もかわりばんこ。学校のためにお仕事するのは
ちっともいやじゃありません。子供がお世話になっているのだから協力
できることがあれば積極的にしたいと思っています。ですが会費。。。子供が
学校に通っていれば教育費用として当たり前のことなんだろうけどナゼに
関係ない家々からお金を集めなくてはいけないんだろう??それはわたしは最初から
非常に疑問で子供が入学した時の総会でこの制度は絶対オカシイと意見を言ったことが
ありました。その時は中学との兼ね合いだの出したがるお年寄りも大勢いるだのでボツに
なりましたがずうっと言い続けてきたのでこのたび初めて学校とPTAでアンケート調査を
するに至りました。いまどき子供の学校の費用を払えない親がいるんだろうか??
そのことに関して文句を言うなら国だと思うんですよ。そしてそれは選挙で誰を選ぶか…
がとっても大切なことだと思います。兄弟が大勢いて親は今より負担が増えたとしても
よそ様からお金をもらってそれを自分の子供の教育費用に当てるって。。。もう
時代が違うんだし昔からの村の因習だか何だかしらないけどいい加減やめましょうよと
思います。

昨日お絵かきのことを書いたら26歳になっている元の教え子がメールをくれました。
彼は練馬の教室に1年生から来ていた男の子で途中で埼玉に引っ越しても続けて通って
くれていました。来れなくなってからもちょこちょこ連絡をくれてもはや、わたしたちを
はるかにしのぐ、立派な社会人となっています。その彼が大学時代ボランティアで
乗馬クラブの馬たちのお世話をしてたということをつい先日知りました。別に馬に乗る
ためではなく馬の手入れや馬小屋の掃除などしていたそうです。何だかとっても
嬉しくなりました。馬=乗馬じゃない人がわたしたち以外にもいたなんて!?(笑)
仕事をがんばって海外に出るという夢に向かって着々と準備している彼。もう
それだけでわたしたちはとてもシアワセな気分になれます。ぜひ大きな夢を
実現して欲しい。そして出る前には絶対銀花を見に来てねと約束しました。

銀花の柵の中に入って無口をつけずに遊びました。その時棒切れが落ちてたのを
拾ってテリントンタッチの指揮棒の真似事をしてみました。その後何気なく
棒を捨てたら銀花ったらさっそく寄ってきてニオイかいでくわえてどこか
持ってっちゃいました。

本日もよろしくお願いします↓
人気blogランキングへ
posted by ミチル at 13:14| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | お勉強 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする