2005年08月20日

スズメバチ捕物帳

P505iS0063766555.jpg
朝から子供は友達に誘われて川遊びに行ってしまいました。山の家は
今日ようやく、トイレや蛇口が着くそうで打ち合わせに水道屋さんのおじさんが
きました。おじさんはいまだ鍵をつけてないことを危惧して忠告して
くださいました。トイレなど、勝手に使われたり家の中のものを持って行って
しまう人がが結構いるそうなんです。東京など都市部なら別に驚かないけど
こういうのどかな、全員親戚?みたいな小さな村でそういうことをする人が
いるとびっくりします。都市部も田舎も本当は同じなんだと思います、
ただ狭い社会で情報も付き合いもどろどろに濃いところでそんなことするのも
勇気がいることとは思いますが。

トイレと水道がつけば母屋にはすぐに住むことができます。昨日最後まで
散らかって道具置きになっていた居間を片付けて床にニスを塗りました。
冬物の衣類やベッドのマットレスも2階に運び込みました。
ニンゲンだけなら今日からでも住めます。が、動物よけのフェンス。。。
こちらは昨日、農協より電話があり、業者さんと連絡が取れないとのこと。
こりゃもう、わたしたちでやるしかないということになり現物だけ
大至急で注文してもらいました。来週中には入るそうです。それを
何としてでも来週の金曜日までに設置し、動物たちは大移動、
ニンゲンの方は電話ナシの身軽な移動です。。。

昨日は、夜遅くにもう一度行きました。軒下に作ったスズメバチの巣を退治しに。
コーチャンは海釣り用のでっかいタモにゴミ袋を入れて口をさっとしばれる
仕掛けを作りました。ところがスプレーもかけないでいきなり巣をとって
しまったのです!ビニール袋に入ったハチと巣をそのまま下に落下。
でも巣にいなかったハチもいるわけであっという間に明るい室内に向かって
ガラス戸にばつんばつん音を立ててスズメバチが何十匹も体当たりを始めました。
しかも、怒ってる!?どひ〜〜!!ハエタタキも電気カッチも
何もありません。少ししか入ってない、しかもハチを瞬殺できないジェット噴射の
スプレーが一缶、手元にあるのは箒とちりとりのみ!箒片手に何とか攻防して
外に出てガラス戸に体当たりしてるのをぶったたいて落としました。

さて、袋に入った怒りに燃えたハチ無数と直径20センチくらいのうろこ状の巣は
なすすべもなく、そのままダンボールで囲って燃やしてしまいました。
十分燃えたと思った後、巣は燃え切ってなくて解体された状態。中はなんと4層にも
なっていて、各階にはおこげ状態のハチの子が満室もうやだ〜(悲しい顔)
燃やしている間中、ハンバーグのような、おせんべのような、いい香りが
ただよっていました。こちらではハチの子を召し上がる方が多いのでノノコは
夜遅いけどだれだれちゃんのおうちへ届けよう!と張り切ってずっと
言っていました。冗談でなく、その、同じソン友から先ほど電話で、
話をしたら持ってきてくれれば良かったのに〜と残念そうに言われました。
どうやって食べるんだろう?でも、ものすごく、おいしいんだそうです。

わたしは殺してもいないハチやハチの子を焚き火で殺すのはちょっと
イヤでした。まさしく地獄の火ですものね。そしたら今朝起きたら
部屋の中にでっかい、15センチくらいあるムカデが出没、これは
絶対昨日のハチのカタキ討ちだな〜!

銀花は何事もなかったように、今日も退屈してます。今日こちらは
お祭りで朝から大音響で花火の音が響いているのです。すぐ前の学校の
土手であげてるので、ど〜んどど〜んとおなかに響く低音に猫も犬も部屋の中で
おろおろうろたえています。銀花は?と見ると相変わらずぼ〜っとして
転寝していました。

本日もよろしくお願いします↓
人気blogランキングへ
posted by ミチル at 15:14| ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 山暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする