2005年08月04日

おねえちゃんになったの?

P505iS0059047962.jpg
毎日にぎやかに鳴いているセミはアブラゼミだと、ここを見て下さっている
方に昨日教えてもらいました。そうか、アブラゼミか。ミンミンゼミと
ツクツクホウシとヒグラシくらいしかセミの名前って浮かんで来ませんでした。
その、アブラゼミ、今日もにぎやかです。

昨日夕方久しぶりに春駒屋さんが来ました。運良く、注文しておいた
馬用品が届いたところ。馬着などでお世話になったところが超特価だったので
いろいろ買い込んでいたのです。あまりに安かったので必要かどうかわからないような
ものまで頼んでみました、それで春駒屋さんにチラシを見せたらこれがあると
便利だよというものがまた出て来てやっぱり馬素人はダメですね〜(^_^;)
でも蹄油を取り分ける刷毛つきの容器などかなり便利です、今までわたしは
いきなり、手で塗っていました。ばりばりと箱を破ってさっそく二人で分けました。
コーチャンもちょうど帰って来て春駒屋さんのお仕事車にとりあえず
小さ目の梱包のアルファルファだけ積み込みました。

アルファルファは葉っぱの部分が多くてこなっぽい干草です。それを春駒屋さんは
一度水に浸してからあげているとのこと。さっそく夕べはうちもやってみました。
バケツに3分くらい浸してから水を切ってスーダンと混ぜて塩とふすまをふりかけて
やったらものすごい勢いで食べていました。同じ牧草でも与え方を
変えると味覚も違ってくるのでしょうか。考えたらアルファルファは四角い
ヘイキューブの元ですものね。ヘイキューブは形がなくなるまで塩水に
浸してからあげていました。今朝は昨日他になくて買って来た、銀花があまり
好きでないチモシーを混ぜてやりました。そうしたらやっぱり食べる勢いが
違います、バケツをひっくり返してよりどって食べていました。
なんでチモシー嫌いなんだろうな〜。。

今月の23日で生後2年になる銀花。馬の年の数え方は昔の日本の数え方で
おなかにいた時を1歳にするので銀花は3歳になるわけです。この頃
だいぶオトナになってきたのかスキを見てすばやくかじろうとしなく
なりました。2〜3ヶ月前ならうっかり背中も見せられなかったのに(笑)。
それに嬉しい時意外ほとんど後ろ足を蹴り上げるそぶりもしなくなりました。
無口ナシの裏ホリもご褒美がなくてもほぼ90パーセント足をあげるように
なりました。うちの銀花は言うことを聞かなくて〜と馬玄人の人たちに話すと
まず言われるのが「まだ、子供でしょ?」でした。その時はそんな理由かな〜とも
思いましたが本当にそうだったのかなと今、思います。馬に詳しい人は
何でも知ってますね。わたしのように去年初めて馬に近づいた素人とは
経験も知識も100万光年違います。わたしの先生たちは長い経験と、
経験による知識が深い人たちばかりです。身近に良い先生がいて相談に
のってもらえることはつくづくありがたいことです。

今日は夕方コーチャンがお散歩に連れ出してくれることになっています。
少し曇ってきました。雨にならないといいです。

写真は先ほど写した銀花と我が家の誇る巨大猫ミー太郎です。
本日もよろしくお願いします。↓
人気blogランキングへ

posted by ミチル at 12:04| Comment(8) | TrackBack(0) | しつけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする