2005年05月22日

ひとあばれ

P505iS0039518247.jpg
今日はコーチャンは山に仕事に行ってしまったのでノノコと二人で
銀花を連れ出しました。先日のことがあったので遠くまで行かずに
ガッコウの上の道を上がったところの草むらまで行って帰って来ました。
村道は上から見るとバイクが爆音をたてながら何台も走っていました。
今日はこっちに来て正解。草むらについたころ雨がぽつぽつ降り始めました。
今日の草刈はノノコに頼んであったので私の背中のかごにはちっとも
たまっていません。雨だけど少しここで食べさせてやろうと思って
下に下りると銀花は何かに驚いてまた急に走り出してしまいました。
2メートルくらいですぐ止まりましたが銀花の目線を追うと
道の向かい側からおねえさんが携帯電話をかけながら降りてきました。
それだけのことです。師匠に言われてまた厚手のゴム引きの手袋を
するようになったので素手より楽に止められました。

この間のことでなんだか銀花は少し神経質になっている感じがします。
あせらず、一進一退しながら人もロバも無理なく少しずつ進歩していければ
いいかなと思います。帰り道で山から仕事を終えて帰って来たコーチャンの
軽トラと行き会いました。ノノコは雨だったので軽トラに乗って、私と銀花は
ゆっくり歩いて戻ってきました。それから裏の柵にいれたのですが銀花は
私が背負ってるかごの中が気になってしょうがない。柵に戻してから
かごいっぱいになるまで裏庭で草を刈って入れました。柵に入ると銀花は
走り寄ってきて何を思ったかコーフンして私の周りを急に走り出しました。
その時後ろ足を蹴り上げたのが私の指先に当たりました。
手袋してたのでたいしたことはなかったのですが小屋からコーチャンが
出てきてこらっ!と叱りました。二人で銀花を追い掛け回して後ろ足を
蹴り上げようとするのはレーキの柄の部分を使って阻止。5分くらい
追い掛け回すと顔つきが変わってうなだれたので許してあげました。

夜ご飯はわざとじらして丁寧に蹄の手入れをしてから食べさせました。
蹄の手入れは裏堀のほか、ヤスリがけと甘皮のささくれをニッパーで
切りました。最初抵抗を試みていましたがそのうちあきらめて
よく言うことを聞いてやらせました。

posted by ミチル at 20:18| Comment(0) | TrackBack(0) | しつけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする