2005年03月08日

山に行きました

050308 005.jpg
今日もぽかぽかと暖かい日差しです。(外はね!)朝から犬たちとすったもんだ・・で
結局今日は一人でお散歩に連れ出しました。家には5匹の犬、11匹の猫にうさぎに
インコと大所帯・・・なので朝と夕方の忙しいことと言ったら目が点です('_')

早起きしたので部屋の掃除も早々に終えて銀花を連れ出しました。私一人だったので
帰ってから仕事に出るコーチャンの時間を気にしなくても大丈夫。というわけで
足の向くまま気の向くまま歩いてたらやっぱり山道に入ってしまいました。
釣り場から上がった鳥井立という林道です。前にこの道で大きなトラックと
すれ違って銀花はパニックになりました。途中、釣り場からいつもの
おじさんがお嬢さんらしきかわいらしい女性と一緒にかけてきて銀花を
いっぱいかまってくれました。このところ村から市になったり
村営の釣り場も合併の少し前から民間に譲られ新しい経営者のおじさんたちな
わけですがまじで銀花を釣り場に連れて来てもらいたいようなのです。確かに
ロバがいたら観光客は喜ぶでしょうね。いつごろから人を乗せるの?と
聞かれたのでロバの正式なことはわからないけど馬だと3歳過ぎから調教なども
はじめるそうですよと言いました。まぁ毎日じゃ銀花もストレスがたまるから
ダメだけどたまにだったらお仕事させるのも悪くないかなと私は思っています。

外国のロバさんたちは本当に人間のために一生懸命働くのが当たり前なんですね。
日本でもペットとして大切に飼われてるロバは私の知る限り銀花も含めて4頭です。
あまり箱入りにしないでヒトもそうだけどからだを使い頭を使えば何もしなくても
健康で生き生きとに暮らせると思うのです。

山道に入ると日向と日陰と春と冬の風景。銀花はおとなしくとことこ歩いて
途中、馬の本には食べさせたらいけないと書いてあるしだの葉っぱや枯れた
蕨など探してつまみ食いしました。本来馬(ロバ)は犬や猫と違い
自分で体に合わない悪いものは食べません。きっと野生に近いのでしょう。
私もこの頃ようやくそのことが理解できるようになりあまり心配しなく
なりました。だけど道草は禁止だよ〜!
posted by ミチル at 11:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 山道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする