2005年02月03日

ほら、怖くないよ

050203 009.jpg
今日も昨日に引き続き村道を歩かせました。道々いろんな人に声を
かけてもらってそのつど銀花は立ち止まってまるで会話を聞いているように
耳をぴんと立ててかわいいお顔します。かわいいね〜といろんな人に
言われて私たちも(きっと銀花だって!)まんざらではありません。
 この村ではほんの30〜40年前まで一般家庭に馬がいたそうです。
畑仕事を手伝わせるための<力馬>と呼んでいたそうですが家の中に
馬小屋があったり生活の中に馬がいることが当たり前だったそうです。
そんなこともあってか行き会う人、車、皆さん立ち止まって馬ではなく
<ろば>の銀花をかわいがってくださるのだと思いますがその期待に
答えるべく!がんばって調ロバせねば!!(笑)

銀花は昨日よりはおとなしくて私が引いて歩きました。でもやっぱり重機が
作業をしているところに来ると動こうとしません。動き出したかと思うと
走り出しそうになります。コーチャンにかわってもらって少し落ち着いたところで
作業してるまん前に立ってしばらく作業を見せました。大きなトラックが
一台通ったけど昨日ほどびびりませんでした。

今日はそれでも昨日よりはずっと落ち着いて歩いていたのでもう少し
遠くまで行こうと思っていたのですが強風の向かい風がすごくて
昨日と同じあたりで引き返してきました。今は日当たりの良い前庭の
柵で牧草を食べています。

posted by ミチル at 13:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする