2005年01月09日

この慎重さ

昨日学校で調ロバ索の他に狭い通路を歩かせてみたり階段の上り下りも
やらせてみました。最初がんとして動かずぜんぜんだめでしたが
引き綱を緩めてやったらこのように慎重ににおいなどかいで何とか
あがることが出来ました。この階段は小学校の正面玄関のところで
奥にガラスの扉があってどうもそこに自分の姿が映るのにびびって
いたようだと後になってわかりました。別の方角から上がらせたら
もっと素直にあがりました。今日は出かけたので出来ませんでしたが夜暗く
なってから裏庭を歩かせてみました。銀花にとって暗い時間の柵の外は
初めてだったのでどうなるかと思いましたが草を食べるのに夢中で
案外大丈夫でした。銀花にとって生まれて初めてのことがたくさんありますが
今年も気長に少しずつやらせていこうと思います。
階段
posted by ミチル at 22:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする