2004年09月22日

鼻の穴に

今銀花をかまって上がってきたところです。無口をつけて
つないでおやつを少しあげてからブラッシングをしました。
銀花はうっとりしていたかと思うと急に耳を伏せて
攻撃的になります。すかさず先だってロバ師匠のお母様が
なさったように鼻の穴に指を入れてぎゅう〜っとしました!
どうだまいったか!それほどぎゅうっとはしなかったけど
本人びっくりしたのか以後やろうとしてもあわててうつむいていました。ぼろをとるのに熊手とプラスチックの雪かきのスコップを使うのですが銀花は音に反応するのかそれらを
持つと異常にコーフンするのです。しっぽをぐりんぐりんまわして足踏みして耳を伏せる。なので今日は思い切り銀花の前でその両方をどん!と地面においてみました。
銀花はびびっていました。こうやって書いてるといじめてるみたいだけどロバの言いなりになってはいけないと肝に銘じたところです。

その後もまた普通にブラシかけをしました。銀花は飼い葉おけに入れられたおやつが気になってしょうがないのです。
前まではすぐに引き綱をといて食べさせるようにしてたのですがこちらも少し意地悪をしてわざと待たせるようにしています。お食事だってこちら次第なのよ〜ということを示すようにしています。

私はいつも動物にはべたべたしたくてうちのイヌもネコも
おもいっきし甘えん坊に仕上げてしまいました(-_-;)。
猫かわいがりは得意なのです、がロバはそれではイケナイのです、まずは上下関係をしっかり認識してもらってひっつくのはそれから・・・ああ、べたべたしたい!すりすりしたい!!

がここが我慢のしどころですね。早く仲良しになりたいなぁ。
href="http://akiyamakoubou.seesaa.net/image/04092020009.jpg" onclick="window.open('http://akiyamakoubou.seesaa.net/image/04092020009.jpg','popup','width=330,height=255,scrollbars=no,resizable=no,toolbar=no,directories=no,location=no,menubar=no,status=no,left=0,top=0'); return false"> 0922gi
先日から部屋にいる子犬が今日ネコのんちをくわえて来たのでちょっときつく、大きな声で叱りました。そしたらなんと
ナマイキニうなるのです。これはいけない!ととっさに口をおさえて牙をぎちぎちさわって叱りました。ムトーさんから
電話をもらってそんな話をしてたらそういう時はおなかを
出すようにだっこしてしばらくおとなしく落ち着くまでそのままにしているのだそうです。落ち着いたらおろしてまたやる。イヌはおなかを触られることが相手にかなわないと認識することだそうです。だから特に子犬のうちは一日に何度もおなかを出すように抱っこしておなかをすりすりすると良いと教えてもらいました。銀花をだっこしておなかをさわったらどうなるだろうなんてちょっと思いました(笑)。

銀花いつかお前をだっこできるかなぁ!その前に背中に
乗せてもらえるようになるのかなぁ!
posted by ミチル at 16:48| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする