2004年09月17日

素直な銀花

今日は汲み取り屋さんが来ました。我が家は築100何年だかの昔の家を借りているのでトイレはもちろんぼったんでシャワーさえありません。トイレの汲み取り口のところが
今銀花がいる裏の柵の敷地内になっているのであせったあせった!このところ引きロバはずっとコーチャンがしていたので大慌てで銀花をつないで私は久しぶりに銀花を引いて
柵のはずれまで連れて行きました。なんとも素直についてきます。毎朝のご飯の前の引きロバももう行って回るとご飯がもらえるとわかってきて綱をつけられると自分から歩きだします。

汲み取り屋さんのおじさんの仕事が終わるまでずっと
そばにいてなでていました。銀花は人見知り?でもないけど
知らない人が柵の中にいて大きな音がしてやっぱり不安そう
でした。耳をふせてコーフンすることもなくおとなしくいい子でいられました。

銀花も今家にいる子犬もまっさらなんだねとムトーさんと
電話で話をしました。そこに飼い主は汚い絵ではなく
きれいな絵だけ心がけて描いてやればまっさらな子たちは
良いことだけを覚えて行きます。銀花もはじめての人との
暮らしです。知らないことばかりです。本来ロバだって
素直で威嚇なんかしない動物のはずですからこちら側が
いかに銀花に無理強いをしないで仲良くなれるか。
やっぱり共に暮らす動物たちは召使でも奴隷でもなく
友達でいたいです。
0917gi
銀花、うちに来てからずいぶん大きくなったねぇ。
もう1ヶ月半もたったんだね。
明日は銀花のお兄ちゃんのお兄ちゃん(笑)、そして私の
ロバ馬師匠のゆーじさんがお母さんと一緒にお前に会いに
来てくれるんだよ。楽しみだねぇ!!
posted by ミチル at 20:22| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする